【芸術学部】 ファッション?コスチュームデザインコース【芸術学部】 ファッション?コスチュームデザインコース

自由な発想と表現力をもとに時代の求めるコスチュームを創作できる力を養います。ファッション業界の仕組みや流通?品質管理などの基礎知識から、トレンドを予測し、アイデアをカタチにする斬新なデザイン?パターンメイキング?縫製?テキスタイルデザインまで、ファッション?コスチュームデザインに必要なことを幅広く学びます。

コース 紹介MOVIE

3つの学びのポイント

  • Point

    1

    ファッションの現場とビジネスを学ぶ

    ファッションビジネスの基礎知識から服を作る工程までを学び、将来のビジョンにつなげます。オリジナルブランドの企画?制作?販売をシミュレーションし展開する実践型プログラムで実力を養います。

  • Point

    2

    発想をカタチにする技術を修得

    独自のアイデアや場面に応じたコスチュームをカタチにするための方法を多角的に学びます。縫製技術とパターンメイキングだけでなく、メイク、コーディネートを学修し、自分自身の作品を舞台へ導きます。

  • Point

    3

    企業や劇団と連携した実践教育

    ブランドや企業へのインターンシップ、産学連携授業や劇団との外部連携授業を通じて、企画力や表現する力を養い、社会で通用するデザイナー、クリエイターをめざします。

授業 Pick Up

  • 写真

    Pick Up

    1

    コスチューム1(専門展開演習4)

    舞台衣装製作の知識、技術を学ぶ以外に実践型プログラムも取り入れた授業を展開します。舞台上で必要とされる動きに対して、機能的で着装時にも美しく見せる手法や、演者の動きを理解し、採寸?パターン?仮縫い?修正?縫製まで幅広く学べます。

  • 写真

    Pick Up

    2

    ファッションデザイン制作(専門基幹演習3)

    人体の構造と機能、それを包む被服の関わりを製図、縫製、仮縫いなどのプロセスの中で学びます。スカート制作の基本スキルを学修した後に、自分のデザインしたテキスタイルでオリジナルデザインのスカートを完成させ、プレゼンテーションを行います。

Pick Up! 教員

大切なのは完成までのプロセス。それは作者そのものだから。

素材から作るファッションデザインは、完成作品だけでなく制作過程が重要です。アイデアの出し方、トレンドやライフスタイル、新素材のリサーチ、デザインやサンプル制作。どんなに小さなデザインや作品でもそれは作者自身の記録であり、作者自身です。そのことを意識して4年間を送ってください。

室田 泉教授

テキスタイルアーティスト。テキスタイル?染色?現代美術を専門として、素材の加工やプリントの可能性を追求している。国内外でテキスタイル作品を発表し、受賞多数。

写真

めざす資格?技能検定

  • ?色彩検定®
  • ?Adobe Illustrator®検定
  • ?博物館学芸員
  • ?学校図書館司書教諭資格(※1?3) など
  • ※1 小?中?高等学校教諭一種免許状いずれかの取得者に限ります。
  • ※3 各コースで定める必修および選択の授業科目を修得した上で、かつそれぞれの免許状·資格取得に必要な授業科目を修得することにより取得できます。

取得可能な教員免許状

  • ?中学校教諭一種免許状(美術)
  • ?高等学校教諭一種免許状(美術)

卒業後の進路

ファッションデザイナー、パタンナー、コスチューム制作、ファッションアドバイザー、テキスタイルデザイナー、教員 など

カリキュラム

ファッション?コスチュームデザインコース主要カリキュラム

Pick Up! 在学生の声

先生からのアドバイスを刺激に新しい発想のデザインが完成!

服飾の技術や知識がゼロのスタートでも、現場で通用するように、少人数制で個々のレベルに合った指導が受けられます。現役の人気デザイナーからの直接のアドバイスが技術と発想の面での刺激に。紙で服を制作する課題では、先生の助言でそれまでにない考え方でデザインを完成させることができました。

公文 紗葵子さん  3年生

写真