【芸術学部】 ゲーム?アプリケーションコース【芸術学部】 ゲーム?アプリケーションコース

ゲームグラフィックのデザインを中心としてデッサン、デザインの基礎力を身につけます。ゲーム制作実習を繰り返し学び、現場で必要な力や素養を身につけます。2Dや3Dツールといったデザインスキルを修得しつつ、アートディレクション、チーム運営能力など、プロジェクトで活躍できる人材をめざします。

コース 紹介MOVIE

写真

3つの学びのポイント

  • Point

    1

    4年制大学だからこその充実したスキル獲得カリキュラム

    1年次にはデッサンや2Dツールといったデザイナーの基礎能力を身につけます。2年次以降は、3Dツールの「Maya」や「ZBrush」の実習、産学連携やプロジェクト演習を通じ、幅広い表現方法を修得することで、高い水準のスキル獲得をめざします。

  • Point

    2

    最新の制作現場のノウハウを体験できる学び

    ゲームエンジン「Unreal Engine 4」や「Unity」を使ったゲーム制作体験を通じたノウハウの修得や、「ディライトワークス株式会社」との連携や、実際の企画書を用いた実践的な授業を展開していくことで、業界で「今」求められるスキルを修得します。

  • Point

    3

    クリエイターに必要な「人間力」の獲得

    デザインスキルだけでなく、ゲーム制作実習を通じ、アイデア力や思考力を鍛えます。プロの制作現場と同じ制作プロセスの体験を経て、アートディレクション力やチーム運営能力を磨きます。

授業 Pick Up

  • 写真

    Pick Up

    1

    ZBrush上級(専門展開演習7)

    3DCGソフト「ZBrush」の基本的な知識?操作を修得した人を対象に、さらにハイレベルな制作指導を行います。立体出力も含めた多様なデジタル彫刻を学び、材質や質感の表現を決定するレンダリングなども経験。代表作ともなるべき作品を完成させます。

  • 写真

    Pick Up

    2

    プロジェクト演習2?4

    業界で実際に使用されているゲーム制作ツール「Unreal Engine」を使用し、ゲームを構成する各要素を学びます。エフェクトやマテリアルなどのさまざまな表現やデータの作成方法を学修し、デザイナーだけでゲームを作り上げる技術を修得していきます。

Pick Up! 教員

プログラミング的思考を通じてゲームの可能性に挑戦しましょう。

近年、ゲームは生活をより豊かにするツールとして教育や健康分野などで活躍の場を広げています。プログラマーの立場から他の分野にも転用できるアイデア?スキルを皆さんにお伝えし、より汎用性の高い能力を身につけていただきます。「好き」を突き詰め、一緒に成長していきましょう。

伊藤 俊輔准教授

2004年に株式会社トーセに入社。プログラマーとして家庭用ゲームの開発に携わる。代表作は「ドラゴンクエストⅧ」「ドラゴンクエストⅪ」「ドラゴンクエストモンスターズシリーズ」など。その他モバイルアプリの開発などディレクターとしても活躍中。

写真

めざす資格?技能検定

  • ?Adobe Photoshop®検定
  • ?Adobe Illustrator®検定
  • ?Webクリエイター検定
  • ?色彩検定®
  • ?博物館学芸員
  • ?学校図書館司書教諭資格(※1?3) など
  • ※1 小?中?高等学校教諭一種免許状いずれかの取得者に限ります。
  • ※3 各コースで定める必修および選択の授業科目を修得した上で、かつそれぞれの免許状·資格取得に必要な授業科目を修得することにより取得できます。

取得可能な教員免許状

  • ?中学校教諭一種免許状(美術)
  • ?高等学校教諭一種免許状(美術)

めざす卒業後の進路

ゲームクリエイター、イラストレーター、ソフトウェア開発会社、アプリデザイナー、ゲームプランナー、教員 など

カリキュラム

ゲーム?アプリケーションコース主要カリキュラム

Pick Up! 在学生の声

現役のゲームクリエイターから、現場で活きるスキルを学べます。

デザインの基礎からゲーム業界でのインターンシップまで、4年制大学ならではの段階的に学べるカリキュラムが魅力。現役クリエイターによる直接指導でゲーム制作の流れや現場について詳しく学べます。目標は家族や友達と楽しい思い出が作れるゲームのデザイン。提案力を身につけるべく、頑張ります。

岡田 ひなたさん  2年生

写真