【芸術学部】 ビジュアルデザインコース【芸術学部】 ビジュアルデザインコース

広告代理店やデザイン事務所、印刷会社、出版会社など進むべき道はさまざま。グラフィックデザインの基礎を学び、企業やまちとコラボレーションしたブランディング、イベント計画などにも取り組みます。私たちが普段もっとも目にし、商品を魅力的に見せるパッケージングについても深く実践的に学びます。

コース 紹介MOVIE

3つの学びのポイント

  • Point

    1

    グラフィックデザインの基礎を学ぶ

    グラフィック広告やWebデザインを通じて、コンピュータ、写真、印刷、色彩など視覚伝達の基礎技術を学びます。

  • Point

    2

    企画からデザインまでトータルに学ぶ

    市場調査やイメージ戦略の企画立案から、広告、ロゴ、パッケージ、編集までを計画し、ビジュアルデザインの実践力を養います。

  • Point

    3

    広告業界のプロフェッショナルをめざす

    産官学連携やインターンシップなど実践的な授業を通じて、創造力、柔軟な企画力、表現力を磨きます。

授業 Pick Up

  • 写真

    Pick Up

    1

    ポスター/展示(専門基幹演習3)

    グラフィックデザイナーとしての自分の展覧会を想定したポスター制作に取り組みます。伝達力の高い表現?コミュニケーション方法やレイアウトを研究し、自分のメッセージを表現。自分自身をよく研究し、将来の進路や方向性を考えながら課題と向き合います。

  • 写真

    Pick Up

    2

    デザイン企画(プロジェクト演習2)

    グループによる課題解決型学修を通じて、実社会での仕事に必要な能力を身につけます。連携先企業の商品企画?市場戦略を理解し、調査、分析、ディスカッションを経てデザインを提案。企業からも講評をいただくことで、学生から社会人への意識改革を図ります。

Pick Up! 教員

わかりやすさと伝わりやすさ。それがデザインの本質です。

デザインに必要なのは美的センスや情緒的価値だけではありません。わかりやすく伝えるための工夫が最も重要であり、だからこそ情報化社会においてデザインの果たす役割は増大する一方なのです。本コースでは豊かな造形力と発想力、実践力と進歩性を備えたグラフィックデザイナーを育成します。

コース主任姜 尚均教授

アートディレクター、グラフィックデザイナーとして幅広く活動。主な仕事にANA、ENEOS、東芝、NTTドコモなど。朝日広告賞、Yahoo! JAPAN クリエイティブアワードなど受賞歴多数。

写真

めざす資格?技能検定

  • ?Adobe Photoshop®検定
  • ?Adobe Illustrator®検定
  • ?Webクリエイター検定
  • ?色彩検定®
  • ?博物館学芸員
  • ?学校図書館司書教諭資格(※1?3) など
  • ※1 小?中?高等学校教諭一種免許状いずれかの取得者に限ります。
  • ※3 各コースで定める必修および選択の授業科目を修得した上で、かつそれぞれの免許状·資格取得に必要な授業科目を修得することにより取得できます。

取得可能な教員免許状

  • ?中学校教諭一種免許状(美術)
  • ?高等学校教諭一種免許状(美術)

卒業後の進路

広告代理店、メーカー、制作会社、デザイン事務所、印刷会社、出版社、教員 など

カリキュラム

ビジュアルデザインコース主要カリキュラム

Pick Up! 在学生の声

企業と連携した授業で、実際の現場に近いプロセスを学べます。

ポスターやテレビCMなど、人の心を掴む広告物を創るクリエイターになりたくて、本コースを志望。企業と連携したプロモーション企画の授業では、仕事のリアルな話を聞いたり、自分のプレゼンテーションを発表したりと、実際の現場に近いプロセスを学べます。関心がある社会問題もデザインで解決できるようになりたいです。

石田 のどかさん  2年生

写真