【教育学部】 幼児教育コース【教育学部】 幼児教育コース

幼児のこころとからだの成長を助ける「保育のスペシャリスト」になるための理論と実践方法を学びます。多彩な講義や実技演習、豊富な実習を通じて、幼児教育?保育を学究的に学ぶとともに、教員?保育士として専門的な力量を身につけます。

コース 紹介MOVIE

3つの学びのポイント

  • Point

    1

    保育理論を専門的、系統的に学ぶ

    幼児の発達や心理、ことばや遊びなど、保育に関する専門的な知識や理論を学びます。子どもの発達について幅広い知識と造詣を持つことで、保護者から信頼され、保育現場で子どもとともに学び続けるための基礎を培います。

  • Point

    2

    こころとからだを育てる多彩な保育技術と感性を身につける

    子どもたちにとって魅力あふれる教員?保育士であるためには、音楽や造形、運動など、多岐にわたる指導?保育技術が必要です。経験豊富な実務家教員から、多彩で魅力的な保育技術を、実技を通じて学ぶことで実践力を高めます。

  • Point

    3

    幼稚園教諭?保育士採用へ確実にステップを踏む

    4年次に控える採用試験を意識してカリキュラムを履修することで、実力と自信を持って試験に臨むことができます。学科試験のみならず、面接試験や実技試験などの実践的なサポートを行います。

授業 Pick Up

  • 写真

    Pick Up

    1

    乳児保育Ⅰ?Ⅱ

    3歳未満の乳幼児保育の意義?目的や役割、多様な保育の現場を学び、乳幼児保育の基礎を身につけます。心身の発達が著しい時期に適した絵本選びやおもちゃづくりを通じて、乳幼児の遊びと適切な援助について理解を深めます。

  • 写真

    Pick Up

    2

    保育内容総論

    幼稚園および保育所における保育を構造的?総合的に捉え、具体的な保育実践と関連づけて理解できるようにします。また、教材を通じて保育に必要な観察?記録の視点を修得し、子どもの発達度合いに応じて実践できるように身につけます。

Pick Up! 教員

学んだ理論を幼児教育の現場で定着。実践を通じて、着実な実力アップを。

1年次から幼児教育の現場を見る機会があるため、机上で学んだ理論を実際の子どもの姿を通じて修得できます。また、ピアノ初心者でも4年間の授業で、子どもの音楽表現のためにピアノを使って保育を行うことができるようになります。こうした専門性と、人間としての成長が同時に得られるように授業を進めます。

矢倉 瞳講師

専門は音楽科教育、教育実践学。音楽表現と子どもの成長の関わりについて研究し、わらべうたや郷土の音楽などの音楽教材についても詳しい。

写真

めざす資格?技能検定

  • ?幼稚園教諭
  • ?保育士
  • ?学校図書館司書教諭資格(※1?3)
  • ?特別支援学校教諭(※3?6)
  • ?社会福祉主事(任用資格)(※2) など
  • ※1 小?中?高等学校教諭一種免許状いずれかの取得者に限ります。
  • ※2 本学で指定科目を履修し、当該職務に就いたときに発効する資格です。
  • ※3 各コース等で定める必修および選択の授業科目を修得した上で、かつそれぞれの免許状·資格取得に必要な授業科目を修得することにより取得できます。
  • ※6 特別支援教育領域は、知的障害者?肢体不自由者?病弱者です。

取得可能な教員免許状

  • ?幼稚園教諭一種免許状
  • ?保育士資格
  • ?特別支援学校教諭一種免許状(※3?6)
  • ほかに小学校教諭一種免許状も取得可能(※3)
  • ※3 各コース等で定める必修および選択の授業科目を修得した上で、かつそれぞれの免許状·資格取得に必要な授業科目を修得することにより取得できます。
  • ※6 特別支援教育領域は、知的障害者?肢体不自由者?病弱者です。

卒業後の進路

幼稚園教員、保育士、公務員、教育関連企業 など

カリキュラム

幼児教育コース主要カリキュラム

Pick Up! 在学生の声

不安だった弾き歌いを克服し、子どもの成長を見守りたいです。

学部内に複数のコースもあり、交流を深められ、視野も広がりそうだと感じ本コースを選択。ピアノの授業では、初心者から経験者まで個々のレベルに合った指導に加え、私が不安を感じていた弾き歌いで、歌の練習までできて安心しました。将来は保育所や施設で子どもの成長を見守っていくのが夢です。

井上 茉祐さん  1年生

写真